オートデマンドコントロールシステム スマートマネージャー 導入事例

導入実績

jisseki07総合スーパー

総合スーパーでは、食品と日用雑貨のフロアーとが併設されている為、売り場面積が大きく、契約電力量も大きい為、オートデマンドコントロールシステムによる大きな削減効果が期待出来ます。

ホームセンター、家電量販店、家具販売
主な負荷は照明と空調の為、空調機の比率が高く(50%を超える場合も多い)、オートデマンドコントロールシステムによる高い削減効果が期待出来ます。

オフィスビル・テナントビル
テナントビルでは、設備の所有者と利用者が異なる事から、導入があまり進んでいませんでしたが、省エネ法の改正の影響から、義務履行のために、オートデマンドコントロールシステムの導入が増えつつあります。特に当社のオートデマンドコントロールシステムは、制御を行うフロアーや、制御率の選択が可能であることから、テナントビルでの導入にもおすすめします。

ホテル
エネルギー消費の特徴として、夜間に使用されるエネルギーと、給湯と照明の消費割合が大きい事が挙げられます。宿泊部門の面積構成が小さいか、宴会・飲食部門が大きいほど、面積あたりの使用エネルギー量が多く、オートデマンドコントロールシステムの導入による効果を発揮します。

病院・老人保健施設
エネルギー消費の特徴として、夜間に使用されるエネルギーと、給湯と照明の消費割合が大きい事が挙げられます。宿泊部門の面積構成が小さいか、宴会・飲食部門が大きいほど、面積あたりの使用エネルギー量が多く、オートデマンドコントロールシステムの導入による効果を発揮します。

専門学校・予備校・大学・高校
空調機の使用率も高く、オートデマンドコントロールシステムが効果的。体育館や、ナイター設備の省エネを併せて行う事で相乗的に大きな削減効果が期待出来ます。

パチンコ店・アミューズメント
(ボーリング場、大型ゲームセンター)

一般的に面積あたりの空調消費電力量が多く、床面積も大きい
為、空調機のコントロールによる高い削減効果が期待出来ます。

©2018 Eos Energy Manegement All rights reserved

ユーザーの資格情報を使用してログイン

あなたの詳細を忘れましたか?

ツールバーへスキップ